「 エッセイ 」一覧

終わったドラクエのレベルを上げると自分のレベルが下がる

終わったドラクエのレベルを上げると自分のレベルが下がる

これは、かつて私が映画館で働いていたときの話。先輩社員のN氏が、レジ締め作業をしながらふと呟いた。「俺、昨日は休みだったんだけど、1日中終わったドラクエのレベル上げてて気がついたことがある。」N氏の言う、「終わったドラクエ」とはボスを倒してエンディングを見た状態のことを指す。ようするにドラクエ3であればゾーマを倒したあとのドラクエのことである。私は訪ねた。「へー。何に気がついたんですか?」N氏は答える…

記事を読む

なぜ私は受話器を取って「いらっしゃいませー!」と言ったのか

なぜ私は受話器を取って「いらっしゃいませー!」と言ったのか

「いらっしゃいませー!」あああ、恥ずかしい。これは学生時代にTSUTAYAでアルバイトをしていたときの話なんですが、私これを、勢いよく言ったんです。「いらっしゃいませー!」。普通だと思うじゃないですか。でもね、違うんです。来店されたお客様にではなく、店にかかってきた電話口で言ったんです。「いらっしゃいませー!」って。いま思い出しても穴があったら入りたいというか、「穴がないならば 掘ってしまえ ホトトギス」と詠みたいほどの黒歴史。ようやく正面から受け止める覚悟ができたので、当時のことを分析しつつ解説したいと筆をとった次第です。

記事を読む

ブログを30日連続更新して感じたこと、これからのこと

ブログを30日連続更新して感じたこと、これからのこと

5/13から始めたブログの毎日更新ですが、本日でめでたく30日目。誰に何かを言われるわけでもなく、途中でやめたところで怒られるわけでも...

記事を読む

やさぐれたときに聴いてる曲『やさしさで溢れるように』JUJU

やさぐれたときに聴いてる曲『やさしさで溢れるように』JUJU

なんか急にむかついたり、何もかも嫌になったり、ようするにやさぐれるときってあるじゃないですか。社会面の幼児虐待とか、過労死とか、とにかく気が滅入るニュースとか読んで凹みまくったり…胸の奥の大事なやわらか部分をくしゃっとされてしまう。「うわぁ、きついなぁ」ってため息しか出ないことが。もうね、そんなときはとりあえずこの曲を聴いて心を落ち着かせてます。JUJU 『やさしさで溢れるように』

記事を読む

【映画短評】『百円の恋』画面から香り、いや、匂いがするかのようだ

【映画短評】『百円の恋』画面から香り、いや、匂いがするかのようだ

引きこもりの女がボクシングに出会って社会復帰する話なのだが、これにまともなタイトルをつけたところで誰も興味は持たないと思われるため、非常に秀逸なタイトルと言えるここにあるエネルギーは若者が生きていく中でなぜか一時的に失ってしまうモチベーションの穴埋めに最適なそれである。消失している最中に本作に出会えたならば、鑑賞後にはボクシングジムに入会するのは間違いない。

記事を読む

ディアスポリスの松田翔太さん最高すぎないですか?

ディアスポリスの松田翔太さん最高すぎないですか?

松田翔太、最高です。松田ファミリーは天才のかたまりだと思っている私ですが、本作でも最高のキャラ設定ができています。ライアーゲームのときの演技もたまらないですけど、本作の久保塚早紀はまた別の魅力であふれています。傷だらけの天使でもなく、私立探偵濱マイクでもなく、まほろ駅前多田便利軒でもなく、ディアスポリスの久保塚早紀という魅力的なキャラがここに。

記事を読む

サスペンス映画の見ず嫌いは機会損失だから「アイデンティティー」を見よう

サスペンス映画の見ず嫌いは機会損失だから「アイデンティティー」を見よう

ジョン・キューザック主演の「アイデンティティー」。サスペンスとかホラーとか、怖い系はまったく見ないって人にこそ見てほしいと思ってます。なんていうか、これを見ることで認識が変わるんじゃないかと。見ず嫌いは機会損失なので、騙されたと思って見てください。なんなら誰かと一緒に。

記事を読む

東大オリジナル、限定販売の「研Q室のヨーグルト」がなめらかでおいしい話

東大オリジナル、限定販売の「研Q室のヨーグルト」がなめらかでおいしい話

「研Q室のヨーグルト」は、東京大学と東北協同乳業の協働で生まれたヨーグルトです。東大の関水教授の薬学研究室で発見された"乳酸菌11/19-B1"を使用し、研究を積み重ねて完成したヨーグルトとのこと。生乳を70%以上使用しているだけあって、ものすごくなめらかな仕上がり。やわらかタイプのヨーグルトです。さらに無添加、無香料なので安心感も段違いです。

記事を読む

読み物としておもしろい会社概要「わざわざの働きかた」

読み物としておもしろい会社概要「わざわざの働きかた」

株式会社わざわざの会社案内は読み物としておもしろいものでした。長野県の田舎にあるということ、パンを焼いているということ、この二つがさらにエモーショナルであり、都会であくせく働く人からすると最高にファンタスティックでアメージングなプレイスに感じ、そこには素敵なサムシングがきっとあると思わせてくれます。

記事を読む

伏線を回収しない、その距離感が大切なのさ「深夜食堂」をおすすめする理由

伏線を回収しない、その距離感が大切なのさ「深夜食堂」をおすすめする理由

「深夜食堂」の最高に素敵なところは、美味そうなごはんとお酒(といっても主張しすぎない)とマスターの人柄、そして各回に登場する悩める人たち。それってマスターと悩める人たちの距離感と同じと言えます。干渉しすぎない、ほどよい空気の隙間。それこそが「深夜食堂」の醍醐味だったりする。

記事を読む