コピペの履歴を保存してくれるMacアプリ「Clipy」で作業効率20倍!

スポンサーリンク

映画ライターのゆうせいです。映画タイトルや出演者など、コピペする機会がものすごく多いのですが、何も困っていません。なぜならコピペの履歴を保存してくれるMacアプリ「Clipy」を使っているからです。

このアプリがあれば履歴を100件保存しておくことも余裕で、3つ前にコピーしたものをペーストするなんてことも楽勝なのです。

Clipy
Clipboard extension app for Mac OS X

Clipyをインストールする

まずは上記リンクより公式サイトに飛び、アプリをMacにインストールしてください。

インストールが完了するとメニューバーにバインダーのようなアイコンが表示されます。次に環境設定を行います。

ここで設定しておきたいものは、

  • ログイン時に起動
  • 記憶する履歴の数

です。

「ログイン時に起動」とは、Macを起動させるたびに自動でClipyも起動させるってことです。これをしておかないとMacを再起動したときにClipyが起動しません。つまり、コピペの履歴を保存してくれないので意味がありません。必ずチェックを入れるようにしましょう。

次に「記憶する履歴の数」ですが、私は100個にしています。ここはお好みですが、あまりにも多いとメモリを多く消費するので注意です。

次にショートカットを設定します。履歴を表示させるために毎回メニューバーまでカーソルを持っていくのは面倒なので、サクッと呼び出せるようにしておきましょう。

初期設定では、「shift」+「command」+「V」となっていますが、このショートカットは他のアプリで使われていることが多いので、私は、「shift」+「command」+「C」にしています。ご自身の使いやすいショートカットを設定してください。

ペーストするスタイルを限定することでさらに捗る

もっともっと便利にしていきましょう。Clipyではペーストするスタイルを限定することができます。テキストの内容だけをコピーし、フォントの種類や大きさを無視してプレーンテキストとしてペーストするようにできるのです。

Webサイト上のテキストをコピーして、Wordなどに貼り付ける際、フォントの色や大きさまでもがコピーされて大変…なんてことはよくあります。Wordのショートカットを使うことで避けられる問題ではありますが、Clipyに予め設定しておけばもっと楽になります。

コピペを便利にすれば効率は20倍、いやそれ以上にもなる

コピペの履歴が残っているだけで、作業効率が20倍になるなんて大げさだと思いますか?

一度使ったらなくてはならないアプリ、それが「Clipy」です。文章作成だけでなく、Webサイト閲覧でもものすごく効果を発揮するのでインストールしておいた方がいいですよ。

それではまた。ご存じ、ゆうせいでした。

スポンサーリンク
コピペの履歴を保存してくれるMacアプリ「Clipy」で作業効率20倍!
この記事が気に入ったらいいねしよう!
最新記事をお届けします。

フォローする