高齢化社会よりもヤバイ時代が来る!対策はどうする? #大台町PR

広告

ゆうせいです。三重県多気郡大台町に行ってきました。大台町の人口は訪問時(2018年10月)で9411人で、少子高齢化が進む田舎町と言えます。しかし、少子高齢化よりももっとヤバイ時代が来るって知ってますか?

実は高齢者人口のピークは過ぎていて、これからもっとヤバイ時代が来ることが予想されているのです。それは生産年齢人口の減少。

生産年齢人口とは、

生産活動に従事しうる年齢の人口。日本では総務省統計局による労働力調査の対象となる 15歳以上人口がそれにあたる。生産年齢人口は,さらに働く意志のない非労働力人口と働く意志のある労働力人口に分けられる。引用:生産年齢人口(せいさんねんれいじんこう)とは – コトバンク

のことです。

めちゃくちゃ乱暴に言うと、働ける人の数です。これが減ってくると、当然ながら何もかもの生産量が落ちる。

大台町のケースをもっと詳しく紹介すると、2005年から2015年までの10年間で1840人の生産年齢人口が減っているとのこと。1カ月平均で10人ずつ減っている…。自分の周りで毎月10人も働けない人が…と思うとゾッとしますよね。

でもこれはガチの話。

大台町の人口推移の想定は、2040年には6660人となり、生産年齢人口は3000人ほどだそうです。現在の4500人から1500人も減っている推計となっています。しかもこの推計にはほぼ誤差がないと言われています。恐ろしい時代、未来がやってくることは確定しているってことなんです。

じゃあ何ができるか、どうしたらいいのかって話になるんですけど、この問題に真剣に取り組んでいる会社があります。合同会社サイクロスです。

サイクロスの代表、古守さん曰く、「高齢者向けの対策をしている時代は終わり、人口が減ったときに快適になる状態を目指すことが大事」とのこと。

つまり、人口が減ってしまうことには抗えない。(たとえ減少スピードを落とすことができたとしても)

ならば、減ることを前提にして考える。大台町であれば6000人になったときにどうあるべきか、と考えるのです。

とは言え、この問題を解決するのは簡単ではなく、試行錯誤を繰り返しているのが現状。

その中でも少しずつ効果がでているのは、以下の2つ。

  1. トヨタ「フォレストチャレンジ」プロジェクト
  2. 昴学園高校「まちかつ」プロジェクト

森の国工房

「フォレストチャレンジ」は、森に関わる人を増やすことが必要だと考え、2017年に森を活用する事業家を募集したプロジェクト。

サイクロスは、大台町の温泉付きホテル「奥伊勢フォレストピア」の敷地内にある交流施設「森の国工房」を再活用し、選ばれた3名の方をサポートしています。

フォレストチャレンジ・森あげプロジェクト | 株式会社 森林再生システム
森林再生システム(FoReSt)は、「森林再生」という事業に、正面からビジネスとして取組もうとしている会社です。林業経営は未曾有の厳しい状況におかれていますが、眠っている森林の価値を最大限引き出していきます。また森林に対する社会の関心に正面から向かい合い、具体的な解決方策を提示します。私たちは、自らの組織をビジネスとし...

「まちかつ」は大台町にある昴学園高校の生徒たちにミッションを出し、地域活性化を行うプロジェクト。高校生ならではの視点から、大台町の事業者へアイデアを出す。実現可能性を突き詰めるより、これからの生産者(労働者)となる若者の考えをしることができたことは、大きな刺激となったようです。

町の活性化を調査し提案 探求型プログラム「大台町まちかつ」 昴学園高生徒、4テーマで発表
 多気郡大台町茂原の県立昴学園高校(森山隆弘校長)国際交流系列2年生22人は16日午前10時半から江馬の町宮川総合支所で…

自分が高校生のころ、住んでいる町の大人(事業者)と地域活性化について話し合うことなんてありませんでした。むしろ何も考えていなかったので恥ずかしいくらいです。夕食のコロッケの数の方が気になってましたからね…。

そんな貴重な機会をサイクロスは生み出している。そして、志のある人、一緒に取り組んでくれる人を求めています。

サイクロスの取り組みがモデルケースとなって、他の市区町村が真似するようになったらいいなぁと思ってますし、私も次に大台町に行くまでにはアイデアをもりもり出しておくつもりです。

10784604448_IMG_9377.JPG

(左:池田ディレクター 右:古守代表)

田舎でおもしろいことやってみたい!という方、サイクロスに連絡してみると楽しいことがおきそうですよ。

合同会社サイクロス について - CYCROSS,LLC
合同会社サイクロス は、2018年4月から「“Wellbeing” より良い暮らしを次世代に」を理念に掲げてスタートした地域総合商社です。三重県大台町唯一の観光ホテル「奥伊勢フォレストピア」内の施設を活動拠点とし、現在、・地域のリソースを活用したプロダクト開発・町内外事業所の企画、営業、販促サポート・各種イベントやコン...