SDカードの中身を消しちゃった!ってときに使えるMacのデータ復元ソフト「EaseUS Data Recovery Wizard」

広告

Macで使えるデータ復元アプリを試してみた

デジカメで撮影したデータってどこに保存していますか? 私はGoogle フォトとAmazon Driveを併用し、クラウドにアップしたらSDカードから削除しています。

いつも細心の注意を払って画像データを扱っているのですが、それでも間違って消してしまう可能性はゼロではありません。

もしもクラウドにアップしたつもりでSDカードの中身を消してしまったら…。考えたくもない話です。そんな不安に襲われている私を知ってか知らずか、Macで使える復元アプリ「EaseUS Data Recovery Wizard」を提供していただいたので早速試してみました。

「EaseUS Data Recovery Wizard」はMacで使えるデータ復元アプリ

「EaseUS Data Recovery Wizard」の公式サイト

EaseUS Data Recovery Wizard」はMacで使えるデータ復元アプリです。

  • ディスク内をスキャンし
  • 削除してしまったデータを解析
  • 選んで復元できる

というもの。

この手のアプリはWindowsには結構何種類もあったりするのですが、Macで使えるものとなると急に少なくなります。また、結構いいお値段がしたり…

「EaseUS Data Recovery Wizard」は無料版もあり、最大2GBまでならお金はかかりません。それ以上のデータ量を復元したい場合はPro版を購入すればよいかと。

つまり、無料版で試してからPro版の購入が検討できる親切設計となっています。

EaseUS®Mac用データ復旧ソフト - EaseUS Data Recovery Wizard for Mac |EaseUS公式サイト
【EaseUS(イーザス)公式サイト】EaseUS Mac Data Recovery WizardはMacゴミ箱から削除したデータ、または削除/破損/フォーマットしたMacのハードディスク、メモリカード、CFカード、SDカードから失われたファイルを復元することができます。

実際にSDカードのデータを復元してみる

では実際にSDカードのデータをあえて削除し、復元できるかテストしてみます。

SDカードにはミラーレス一眼で撮影した画像が入っています。
全部で7.27GBありました。

SDカード内には7.27GBのデータがある

これを誤って削除してしまったとします。

SDカード内のデータを完全に削除する

「しまった! まだクラウドに保存していなかった…」

そんなときに、「EaseUS Data Recovery Wizard」の出番です。

まずアプリを起動します。

「EaseUS Data Recovery Wizard」の起動画面

SDカードを選択して「スキャン」をクリック。SDカードの容量や、保存されていたデータ量によってスキャンの時間は変わってきます。しばらく待つとスキャン結果が表示されます。

「EaseUS Data Recovery Wizard」でSDカードをスキャン

今回は16GBのSDカードを使用しましたが、復元完了までにかかる時間は約10分と表示。これが例えば1TBのSSDやHDDだと数時間かかるようです。

しばらく待つと、無事に「ディープスキャンが完了しました。」と表示されました。

スキャンが完了した

アプリには、「13349個のファイルを選択、合計132.92GB。」と表示されていますが、これはこのSDカードでかつてやりとりしたデータ量だと思われます。理論値的な感じでしょうか。おそらくこれを全部復元することはできないでしょう。

理論値として100GB以上のデータがあると表示される

スキャンで見つかったファイルのうち、直近で使用していたものは上位に表示されるようです。探っていくと、削除前と同等のデータ量のフォルダが見つかりました。

復元したいデータ、適していると思われるデータを選択する

中身をプレビューすることもできます。私の求めている画像でしたので、このフォルダを復元することにしました。

プレビューで確認することも可能

デスクトップに「復元データ」というフォルダをつくり、そこに保存するようにしました。復元(リカバリー)にも少し時間がかかりますが、スキャンほどではありません。私の場合は数分で完了しました。

今すぐ復元ボタンをクリックすると復元が開始される

復元(リカバリー)が完了すると、以下の表示が出ます。

復元が完了すると、リカバリーが完了しました!と表示される

フォルダの中身を確認すると、フォルダ名は少し違いますが、無事に復元できていました。これはうれしい!

削除前のデータをほぼ復元できた

比較するとこんな感じです。なぜかフォルダ名の頭の文字がちょっとおかしくなりますが、データが戻れば問題なしです。

削除前のデータをほぼ復元できた

「EaseUS Data Recovery Wizard」の注意点など

今回、無事に復元はできましたが、削除してすぐのデータであったことも成功の要因として大きいです。別のデータを保存したり、読み書きをすればするほど復元できる可能性は下がる、または復元しても画像が乱れていたり、表示がおかしくなることがあるようです。

実際、私も古いデータを復元してみましたが、100%ではありませんでしたので、ご注意ください。

それにしても、誤って消してしまったデータを数十分で復元できるのは本当にうれしいですし、何より安心ですよね。これで万が一操作をミスって全部消してしまったとしても、ある程度は元通りにできるとわかりました。

2GBまでなら無料ですし、もしものときは使ってみると命拾いできますよ。

それではまた。ご存じ、ゆうせいでした。

EaseUS®Mac用データ復旧ソフト - EaseUS Data Recovery Wizard for Mac |EaseUS公式サイト
【EaseUS(イーザス)公式サイト】EaseUS Mac Data Recovery WizardはMacゴミ箱から削除したデータ、または削除/破損/フォーマットしたMacのハードディスク、メモリカード、CFカード、SDカードから失われたファイルを復元することができます。
広告
SDカードの中身を消しちゃった!ってときに使えるMacのデータ復元ソフト「EaseUS Data Recovery Wizard」
この記事が気に入ったらいいねしよう!
最新記事をお届けします。

フォローする