iPhoneの「おやすみモード」使ってる?就寝時と会議中に使うと便利

広告

iPhoneの「おやすみモード」使ってる?就寝時と会議中に使うと便利

ども、ゆうせいです。iPhoneの「おやすみモード」は使ってますか? 一言で言うと、「寝るときは通知をオフにしてくれる」機能です。これまでぜんぜん使っていなかったのですが、いざ使い始めるとすごく便利で安眠できるようになってきました。実は日中でも会議中に使うとすごく便利です。フライトモードにすると受信すらしませんが、おやすみモードであれば通知だけがオフになるので、会議後にすぐ内容を確認できるのでおすすめですよ。

iPhoneの「おやすみモード」とは

まず、「おやすみモード」とは、

  • 着信・通知をOFFにできる
  • 決まった時間のみ動作させることができる
  • 大事な着信はONのままにできる

という機能です。

ようするに、就寝時に使うことでiPhoneが静かになる。つまり、緊急ではない通知で起こされる心配がなくなります。ではさっそく設定の方法(使い方)を紹介します。

iPhoneの「おやすみモード」の使い方(設定方法)

設定アプリの中に「おやすみモード」の項目があるのでタップします。

おやすみモードの設定画面

ここでONにすると、ずっとおやすみモードが動作することになるので、時間設定することをおすすめします。私の場合は22時から6時にしていますが、ここはお好みで設定してください。

おやすみモードの時間設定

とは言え、緊急の連絡が来たら不安…みたいなことありますよね。そういうときのための設定もあります。「よく使う連絡先」に登録されている相手からの場合は、おやすみモードがONの状態でも通知されます。また、同じ人から繰り返しの連絡があった場合にも通知するようにも設定可能なので安心です。

おやすみモードの着信設定

安眠対策として

いろんなアプリをインストールしている、特にニュースアプリなどは夜中に通知が飛んでくることも多いですよね。しかし通知をオフにしてしまうと、今度は日中が不便になるわけで…

そんなときのための「おやすみモード」ですね。

ぜひ有効活用してみてください。それではまた。ご存じ、ゆうせいでした。

広告
iPhoneの「おやすみモード」使ってる?就寝時と会議中に使うと便利
この記事が気に入ったらいいねしよう!
最新記事をお届けします。

フォローする