【ネタバレあり】キアヌの「ジョン・ウィック」のガンフーはすごかったけど内容は刺さりませんでした

スポンサーリンク

ジョン・ウィック(字幕版)

ども、ゆうせいです。全国のキアヌ・リーブスファンの皆様、そして「ジョン・ウィック」大好きの皆様、先に謝っておきます。すみません。この映画、全然おもしろくありませんでした。

いや、落ち着いてください。ガンアクションとカンフーの組み合わせでしたっけ? いわゆる「ガンフー」はめちゃくちゃカッコ良かったです。それはもうドキドキとワクワクが止まらないほどカッコ良かったです。

でも、映画自体はつまらなくて感情移入できませんでした。
ここからはおもいっきりネタバレありで、好きな人からしたら気に入らないことを書いていきますので注意してください。

まず、予告編を見れば分かることですけど、元殺し屋のキアヌがいて、愛する妻を病気でなくして凹む。悲しみに打ちひしがれながら、妻からプレゼントされた愛犬としっとり暮らしているところにバカが愛車を盗みに来て愛犬を殺す。それでムカついて復讐するって話です。

まず、めちゃくちゃすごい殺し屋って設定なんですけど、簡単に家に忍び込まれてる時点でダメなんですよ。恨みを持ってる人なんていっぱいいるはずなんですよ。誰かに狙われても不思議じゃないはずなんですよ。なのに警戒心ゼロかと…。出だしから冷めるんです。

で、こういうことを言うと、狙うとか恐ろしいほどすごい殺し屋なんだよって言ってくる人もいると思います。ただ、それは話が戻って、それなら忍び込まれるなと。そこは事前に気づけと言いたくなります。

もうね、愛犬と一緒に殺されてても何も不思議じゃないんです。たまたま殺されなかっただけで、そこで死んでたらチンピラに簡単に殺されただけのおっさんです。それが実は凄腕の殺し屋とか言われも説得力ゼロなんです。

ま、ここは無理やり納得するとしましょう。そのあと犯人探しが始まります。すぐに見つかるんですけどね。犯人は殺し屋時代に所属していたマフィアのボスの息子です。事の次第を知ったボスは怒り狂って息子をボコボコにするんですよ。そのくらいジョン・ウィックにビビってるわけです。でもバカ息子からしたら余裕で忍び込めて、すぐに殺せたおっさんなんです。ボスのビビリが違和感でしかないんです。

そんなに怖いならバカ息子を差し出して謝罪したらいいと思うんですけど、これだけはしないんですよ。そのせいでマフィアのメンバーがどんどん死んでいくんですよ。個人資産も裏帳簿も有力者をゆするネタも全部ジョン・ウィックに燃やされてしまう。その原因はバカが車を盗んで犬を殺したから。こんな展開、どこから納得したらいいのかわかりません。

さらにもっと言えば、ジョン・ウィックも組織を壊滅させたいのか、愛犬を殺したバカ息子に復讐したいのか、これが全然はっきりしてない。誰を、どっちを、何を狙ってるんや。

愛車と愛犬の恨みだけを晴らしたらいいでしょって。それをなんかいろいろ巻き込んで、自分で騒ぎを大きくして、挙句の果てに殺せるタイミングで殺さないシーンとかあってチャンネル変えたくなるだけなんです。これが。

そんで、さんざん苦労して、死にかけながらもやっとバカ息子を殺すチャンスがやってきて、どんな殺し方をするのかな、怖いなぁと思ってたらあっさり一発で終わり。おーい!そんなんでいいならチャンス山ほどあったやんと。そんなんやったら遠くからライフルで狙うとかでいいやん。

あ、ライフルで思い出したけど、マフィアと戦うジョン・ウィックを助けてくれる親友がいます。この人も殺し屋で、実はマフィアのボスからジョン・ウィックを殺せって司令を受けてるんですけどね。でもマフィアを裏切ってジョン・ウィックを助けてくれるんです。ここでも思うのが、親友おるやんけ!って話です。最愛の妻も愛犬も失って、俺にはもう何も残ってないみたいな雰囲気出してくれてたけど、命をかけて守ってくれる親友がいるじゃん…

しかもこの親友、裏切りがバレてボスに捕まって殺されます。それでボスを殺してくれるんだと思ったら、追い詰めた最後の最後で急に殴り合いになります。え?ガンフーどこ行ったん?なんで?なんでパンチとかやってんの?

とか思ってたら結局ボスは殺さないのかよ!

続編決定とかどういうことだってばよ!

結論、ガンフー以外は見る価値なし!

それではまた。
ご存知、ゆうせいでした。

スポンサーリンク
【ネタバレあり】キアヌの「ジョン・ウィック」のガンフーはすごかったけど内容は刺さりませんでした
この記事が気に入ったらいいねしよう!
最新記事をお届けします。

フォローする