25分集中して5分休むを繰り返す集中法「ポモドーロテクニック」をiOSアプリで実践中

広告

集中!

ども、ゆうせいです。集中力って持続させるのってむずかしいと思っていたんですけど、25分だけ集中する方法「ポモドーロテクニック」が気に入ったので紹介します。

25分だけ集中する方法「ポモドーロテクニック」とは?

ポモドーロテクニックとは、

集中して仕事をこなすために、25分毎に時間を区切って仕事をする時間管理術。Francesco Cirillo氏が1992年、自身の勉強効率を上げるために考案した。

  1. 25分を1ポモドーロとし、やるべきタスクを1ポモドーロ刻み(25分毎)に分ける。
  2. 25分間は、他の事は一切やらず、タスクに集中する
  3. 25分経てば、5分間の休憩を入れる
  4. 4ポモドーロ毎(2時間毎)に30分程の長い休憩をとる
  5. 後は上記を繰り返す

引用:ポモドーロテクニックとは – はてなキーワード

です。

ようするに25分1本勝負。とにかく25分だけ集中して、そのあと5分休憩。

何時間も集中し続けるのってつらいですけど、たった25分なら「できそう!」と思えるから不思議です。さらに、25分集中すれば5分休んでいいってことで、それ目当てにがんばれるわけです。

あとは、なんと言ってもタイマーをスタートした瞬間からの自分との戦い。「たった25分も戦えないのか?」と、もうひとりの自分に後ろから見張られているような緊張感がたまらない。自分に負けたくない気持ちで集中して仕事ができます。そして5分の休憩で「見たか!」とドヤ顔を決めるのも最高に気分がいい。

4セットがんばれば、長めの休憩が待っている。ポモドーロテクニックの名のもとに、しっかり4セットやったんだから休んでいいと認められている。自分で勝手にやってることなんですけど、休んでいいルールなんだからと自分を甘やかしていいんです。

もちろん25分経った時点で作業を完全ストップしなければいけないってことではなく、ゾーンに入ったならそのまま続けたらいい。あくまでも集中するためのきっかけなので、25分がんばるって基準なだけ。ゾーンに入れたら1番最高なのは言うまでもないですね。

ポモドーロテクニック実践に活用しているiPhoneアプリ

ではここで、私がポモドーロテクニックの実践に活用しているiPhoneをご紹介します。いちいちストップウォッチで25分、5分と計ってもいいのですが、iPhoneアプリの「Just Focus」を使うともっと便利にポモドーロテクニックを実践できます。

※Just Focus 無料(記事執筆時)

ポモドーロテクニック専用タイマーアプリ「Just Focus」

「Just Focus」はポモドーロテクニック実践に特化したタイマーアプリです。

Just Focus 起動画面

Startをタッチすると25分の計測がスタートします。

Just Focus 25分計測中

25分経過すると、今度は5分休憩のカウントがスタート。

Just Focus 5分計測中

5分経過すると、仕事に戻りましょうとアナウンス。Startをタッチすると、再び25分の計測がスタートします。

Just Focus 計測終了

設定画面ではタイマーの時間を変更することができます。初期設定では長めの休憩が15分になっていますが、ここはお好みで変更しましょう。私は30分にしています。

Just Focus 設定画面1

そのほか、サウンド設定、スクリーン表示の継続なども設定可能です。

Just Focus 設定画面2

たった25分、されど25分ですぞ

ポモドーロテクニック、始めるまでは「たった25分で何ができるの?」なんて少し思っていたんですけど、25分のこと侮ってました。25分集中する。つらいときもあれば、たのしいときも。いかに25分を有効活用できるか。

ガツンの集中するきっかけ作りにもぴったりなので、集中力アップのトレーニングにもおすすめですよ。

それではまた。ご存じ、ゆうせいでした。

※Just Focus 無料(記事執筆時)