映画『何者』のコラムを日経ウーマンオンラインで書きました

スポンサーリンク

日経ウーマンオンラインの連載「ビタミンシネマ」にて、『何者』の映画コラムを書きました。

リアルでもネット上でも、誰かのことをディスってしまうことってありますよね。でもそれって本当は羨ましいと思っていて、それを認めると負けた気がするから防衛本能でディスってしまっているのです。

しかし冷静に考えたら、どんなにディスっても自分は1mmも前に進んでいないわけで…。

それを客観的に見せてくれる映画が『何者』ですよ、という切り口で書きました。自分も知らず知らずに誰かのことを羨ましいと思い、そして防衛本能からディスっていると思い知らされます。ある意味でホラーより怖い作品と言えるでしょう。

続きはぜひ日経ウーマンオンラインでご覧ください。

人の幸せが許せない? 他人を見下す人の本当の心理
妬みから誰かを見下しても自分は1mmも前進しない、むしろ後退しているかもしれません。
スポンサーリンク
映画『何者』のコラムを日経ウーマンオンラインで書きました
この記事が気に入ったらいいねしよう!
最新記事をお届けします。

フォローする