三重県大台町のブランド米“奥伊勢米つぶら”が食べられる「ふるさとプラザもみじ館」 #大台町PR

スポンサーリンク

IMG_8679.JPG

ども、ゆうせいです。三重県・大台町商工会からのお招きで大台町の魅力を伝える旅に行ってきたのですが、三重県大台町のブランド米“奥伊勢米つぶら”が美味しかったのでブログに書いておくことにします。

以前の記事、

一棟貸しゲストハウス「宿屋まてまて」で三重県大台町の夜を満喫 #大台町PR

でお伝えした「まてまて」から徒歩数分でいける「ふるさとプラザもみじ館」は、お土産だけでなく美味しい食事が楽しめるとあって、観光客だけでなく地元の方にも人気のスポット。

ログハウス風の建物には優しい光が差し込み、落ち着いた雰囲気が漂います。

店内にはお土産だけでなく、自家製のパンやカツサンドなども販売しています。

以前このカツサンドを食べたのですが、完全なる絶品です。380円という価格が信じられない。空港などで売られている某有名カツサンドも裸足で逃げ出すレベルの美味さです。

それはさておき、こちらが三重県大台町のブランド米“奥伊勢米つぶら”です。

これを食べたいがためにカツサンドを我慢したのです。この“奥伊勢米つぶら”は、お米の美味しさを測る食味値が75以上のものを使用しているブランド米です。普通のお米だと60〜70程度らしいので絶対に美味いやつです。

美味しさの秘訣は大台町で伐採した竹を粉砕機で細かくした「竹粉」を米作りに使用しているから。

竹粉を撒くことで土中の乳酸菌を増やし、それによって肥料や堆肥の分解が促進され、お米が栄養分を吸収しやすくなるとのこと。

もっと詳しく知りたい方は以下のサイトでどうぞ。
宮川孟宗竹粉とは – 竹粉の力 || 宮川TK

さらに、つぶらにもランクがあり、食味値が75以上のものが青ラベル、食味値が80以上あるものを金ラベルとして販売しています。
※もみじ館で食べられるつぶらは金ラベル!

ブランド米「奥伊勢つぶら」で作られた天むす

前置きが長くなりましたが、こちらが三重県大台町のブランド米“奥伊勢米つぶら”で作られた天むすです。メニューには定食もあったのですが、お米の美味さが1番わかるかと思い、おにぎり系にしてみました。

さっそく食べてみると、

これが食味値80の実力か…!
普通の米とは違うのだよ、普通の米とは!

と脳内で鳴り響くほどの美味さ。

もっちり美味しいなんて表現は使い古されているのはわかってますが、マジでもっちり美味い。ちなみに、美味すぎて3つとも瞬殺だったので写真はありません。そのくらい夢中になれる天むすでした。ちなみにこの天むすセットは500円…。価格設定どうなってるんや。

おまけ:野鳥への餌やり体験もできる

もみじ館では野鳥への餌やり体験も可能。テラス席に設置された餌を手のひらに乗せ、心を無にしていると野鳥のヤマガラがやってきます。ただし、痛くはありませんが想像よりしっかりと掴んできますので注意です。

動画だとこんな感じ。サッときてパッと食べてスッと飛んでいきます。

ここまで来るのに2年ほどかけて少しずつ餌付けしたそうです。おかげさまで5分もかからず餌やり体験することができました。

美味しい食事と野鳥への餌やり体験、そしてお土産。「ふるさとプラザもみじ館」は大台町に来たら絶対に寄るべきスポット。いつか大台町に行くことがあったら絶対の絶対に行ってください。約束だぞ!

それではまた。ご存じ、ゆうせいでした。

ふるさとプラザもみじ館


■営業時間:9時~18時
■定休日:火曜日
■TEL:0598-76-1313
■住所:三重県多気郡大台町下真手5-1

スポンサーリンク
三重県大台町のブランド米“奥伊勢米つぶら”が食べられる「ふるさとプラザもみじ館」 #大台町PR
この記事が気に入ったらいいねしよう!
最新記事をお届けします。

フォローする