おしりケアは大事!「お医者さんの円座クッション」を購入

広告

お医者さんの円座クッション外箱1

ども、ゆうせいです。現在は入院中の私ですが、もっとおしりに優しくしてあげることにしました。

日中はベッドや椅子に腰掛けて過ごしています。そこで感じるのはおしりの痛み。普段とは違って立ち上がったり移動する機会が入院中はぐっと減るわけですから、おしりケア大事なこと。

お医者さんの円座クッション外箱2

というわけで買いました。

お医者さんの円座クッションのカバーについて

低反発のウレタンを使用した優しいやつです。商品名に「お医者さんの」とありますが、特にどのお医者さんが監修しているとかそういうのではないみたいです。

円座クッション、ドーナツ型クッションは多くの種類がありますが、決め手となったのはカバーが取り外せて洗えるところ。また、リバーシブルカバーとなっていて、片面は綿、もう片面は麻となっているので季節に合わせて使い分けできます。

お医者さんの円座クッションの特徴について

お医者さんの円座クッション本体

全体はこんな感じです。

お医者さんの円座クッションのファスナー部分は蓋付きの安心設計

ファスナーの部分には蓋がついているので安心。カチャカチャしないことも大事です。

さて、肝心の座り心地ですが、低反発まくらと同じような感じでありつつ、穴があいているのでおしりの穴にも優しい。つまり、実に想像通りの「あるある」の座り心地で満足しています。あと、穴があいているの腕に通せるので持ち運びの際は両手が使える利点があることにも気がつきました。

というわけで、円座クッション(ドーナツ型クッション)を買いましたってお話でした。

それではまた。
ご存じ、ゆうせいでした。