オリー・マーズさんのこと知らない?ちょっと人生損してるかも

オリー・マーズさんのこと知らない?ちょっと人生損してるかも

ごめんなさい、私、知りませんでした。イギリスの超有名なシンガーソングライターで司会者のオリー・マーズさんのこと、ちっとも知りませんでした。でも、今では大好きです。

記事を読む

Amazonで高評価の左右分離型イヤホン「AIKAQI B04」レビュー

Amazonで高評価の左右分離型イヤホン「AIKAQI B04」レビュー

Amazonにて760件を超えるレビューで高評価を得ている左右分離型イヤホン「AIKAQI B04」を試してみました。約4000円という低価格ながら機能は十分。エントリーモデルとして最適と言えます。

記事を読む

「Xiaomi Mi Band 2」はスマートウォッチデビューするなら最高におすすめ

「Xiaomi Mi Band 2」はスマートウォッチデビューするなら最高におすすめ

スマートウォッチ「Xiaomi Mi Band 2」は、3000円程度の価格ながら充実の機能を備えています。さらにこの価格帯のスマートウォッチにしては珍しく技適マークを取得しています。中華スマートウォッチは数あれど、技適マーク取得の安心感は大きすぎます。バッテリーから発火なんて考えたくもないですからね。

記事を読む

おもしろくない本を捨てる勇気

おもしろくない本を捨てる勇気

お金を出して買った本でも、おもしろくないなら読み進めるのはやめて捨てましょう。その本には価値がないので、それ以上無駄な時間をかけることはありません。すぐに次の本へ。そこには素敵なことが書かれているはずです。

記事を読む

【書評】メガヒット編集者の仕事術「ぼくらの仮説が世界をつくる」佐渡島庸平著

【書評】メガヒット編集者の仕事術「ぼくらの仮説が世界をつくる」佐渡島庸平著

『宇宙兄弟』『ドラゴン桜』を育てたメガヒット編集者の佐渡島さんの立てた仮説によって、『宇宙兄弟』や『ドラゴン桜』がどのようにしてメガヒットにつながったのか。またその後に関わられた作品に対してどんな仮説を立てて実証していったかが書かれた一冊。特にコンテンツビジネスに関わる人は必読です。

記事を読む

【書評】憧れじゃなくて好きなことを選べ!「好き」と「ネット」を接続すると、あなたに「お金」が降ってくる 立花岳志著

【書評】憧れじゃなくて好きなことを選べ!「好き」と「ネット」を接続すると、あなたに「お金」が降ってくる 立花岳志著

本書には、その立花さんが「好き」と「ネット」をどう結びつけて、それを習慣化し、いかに継続し、仕事にしてお金に変えてきたかが書かれています。「好きなことで生きていく」が流行語みたいになっていますが、それをマジで実践したい人におすすめの1冊です。といいますか、YouTuberに限らずブロガーしかり、なんでもしかり、マジで実践している人しか「好きなことで生きていけていない」わけですが。

記事を読む

【書評】効率化への異常なまでの情熱!「効率化オタクが実践する 光速パソコン仕事術」ヨス著

【書評】効率化への異常なまでの情熱!「効率化オタクが実践する 光速パソコン仕事術」ヨス著

パソコンを使った作業を究極まで効率化する方法が書かれている1冊。どうすればもっと速く仕事ができるかを、気合いや根性ではなく誰でもできる具体的な方法で解説いるので、それを真似るだけでOK。1秒でも速く仕事を片付けてしまいたい方は必読ですよ。

記事を読む

【書評】書評は800字で書く!「黄金のアウトプット術」成毛眞著

【書評】書評は800字で書く!「黄金のアウトプット術」成毛眞著

成毛眞さんの新書「黄金のアウトプット術」の書評です。知識を貯め込んで満足してしまうだけで、肝心なアウトプットが全然できていない。アウトプットができればそれはお金に変わるのになんて残念なんだと。とはいえ、いくらインプットしたから簡単にアウトプットできるかどうかって話なのですが、きっちりとアウトプットする方法について書かれています。

記事を読む

スタバやタリーズのグランデを持ち帰りできる500mlのタンブラーを購入

スタバやタリーズのグランデを持ち帰りできる500mlのタンブラーを購入

スタバやタリーズのグランデサイズ(約470ml)でも持ち帰り(テイクアウト)できる、500mlのタンブラーを購入しました。これでスタバなら20円、タリーズなら30円の割引を受けることができます。

記事を読む

「TSUTAYAシネマハンドブック2018」で映画を5本紹介しました!

「TSUTAYAシネマハンドブック2018」で映画を5本紹介しました!

TSUTAYAで毎年発売されているシネマハンドブック2018にて、「文句を言うのをやめて頑張ろうと思える映画」をテーマに映画を5本紹介させていただきました。

記事を読む