20年前、映画館アルバイトでミュウツーに逆襲された話

スポンサーリンク

劇場版ポケットモンスター「ミュウツーの逆襲」「ピカチュウのなつやすみ」

学生時代、映画館でアルバイトをしていたときの話。東宝系の映画館なのにスクリーンが2つしかなくて、それぞれ座席も100くらいしかなくて、売店もなくて、まるで単館系のような映画館でのんびり働いていました。

とは言え東宝系なので、取り扱う作品は大作が多く、事前に試写で見れることもあって、こんなに最高のアルバイトは他にはないと思ってましたね。

あの夏、ポケモンに飲み込まれるまでは…

1998年7月18日。劇場版ポケットモンスターの第一作「ミュウツーの逆襲 / ピカチュウのなつやすみ」が封切り。

当時からポケモン(特にピカチュウ)の人気はすごく、劇場版、ようするに映画もすごく期待されていて、混み合うことは容易に想像できてました。

なので、いつもはワンオペのところを複数人体制にして、パンフレットもあらかじめ袋詰めして、グッズも番号別の表にして貼り出して、誰でもすぐに対応できるように準備万端で臨んだんですよ。

でもね、ぜんっぜん追いつかねぇの、これが。

完全に飲み込まれた。ポケモン大好きなお客様の波に。

開館と同時に、初売り? 店じまいセール? かと思うほどになだれ込んでくる親子。完全なるBダッシュで制御不能。お目当てのピカチュウグッズが売り切れたら絶対に許さねぇってくらい目が血走ってるお父さん。ポケモンじゃない作品を見に来たのにもみくちゃにされる高校生。そしてなぜかゲロを吐いている子ども。

普段なら1日50人も来ないような映画館なので、自分を含めてみんな気が抜けてたというか、いくらポケモンっていっても対応できるっしょ、みたいな、ようするになめてたんですよね。サトシとピカチュウのことを。

だから対応できない。人が足りてるとか足りてないとかじゃなくて、気持ちが、心の準備ができていないもんだから。もはや「からだが しびれて うごけない」状態ですよ。

うちの村にも活気が戻ったと長老が喜ぶとかそんなレベルの話じゃなくて、これがポケモンラッシュだと気がついたときにはすべてのHPもMPもなくなっていた。そんな初日(土曜日)でしたね。

1日が終わり、休憩室でバイト仲間と交わした会話といえば、

「明日、バイト休みてぇ…」

しかないわけですよ。もはやポケモン手当を支給してもらわないと割に合わないレベル。たぶん社員も休みてぇと思っていたに違いなくて。それでも夜には対策会議をしたらしく、翌朝出勤したらオペレーションが大きく変わってました。

市民ホールみたいなところに併設された映画館だったのですが、そのホールを急遽3つ目のスクリーンにするってことになってました。(完売でキレ散らかす方が多かったので当然と言えば当然の対応とも言えますが。)まあ映写の設備はあったわけですが、椅子を並べなくてはいけないわけで…

しかもパイプ椅子とかじゃなくて、そこそこいい感じ椅子しかなくて、

「これからここに300脚ならべま〜す!」

ってのんきに言ってる社員がいるだけ。マジで10万ボルトを出せるなら出したいと思ったけど、出ないから椅子を並べました。(そして1日の終わりに片付けて、また次の金曜の夜に並べるだけの簡単なお仕事です。許さない。)

そんな劇場版ポケットモンスターも、今年で21作目。タイトルは「みんなの物語」ってめっちゃいい。公式サイトを見たら、サトシとピカチュウは相変わらずで安心した。

開始2秒で泣く自信があるから見に行けないけど、ブルーレイが出たら見ようと思ってる。夏の思い出と一緒に。

ポケモン映画公式サイト「劇場版ポケットモンスター みんなの物語」
「劇場版ポケットモンスター みんなの物語」2018年7月13日(金)ロードショー