予約の取りにくい高級焼肉店「サトブリDA」に誘われて2018夏

広告

サトブリDAのはらみと何か

焼肉は最高。言うまでもなく最高なんですけど、その中にも高級焼肉ってカテゴリがあるじゃないですか。ようするに高い肉。質も値段も。

自分一人ではちょっと行かないけど、友人知人から誘われるとちょっと行ってみようかなってなるじゃないですか。なので、ちょっと思い切って行ってきました。めったにできないことだから、何事も経験だからと自分に言い聞かせて。

予約の取れない人気店「サトブリDA」

サトブリDAの外観

行ってきたのは、SATOブリアン系列のお店「サトブリDA」です。JR阿佐ヶ谷駅から徒歩3分にある、予約の取りにくい人気店です。(予約をとってくれた @jaggyboss に超感謝です。)

今回は13,000円コース(飲み物は別)でした。コースなので特に何も言うことなく、店員さんが順番に運んできては焼いてくれます。

この焼いてくれるってところがポイントで、各種お肉を最適の焼き加減で仕上げてくれるわけです。自分で焼くのも楽しいんですけど、どのお肉をどのくらい焼けば1番美味しくなるか、そしてどのタレや塩、もしくはわさびで食べるのがベストマッチなのか教えてくれるの最高すぎましたね。

サトブリDAのいい肉

上の写真の奥に写っているのが「タン」なんですど、こんな分厚いタンは初めてでした。自信のある証拠でしょうね。

サトブリDAのいい肉 その2

で、すごく綺麗なサシが入ったサーロインをですね、

サトブリDAのいい肉を焼く

両面サッと炙るような感じで焼いて、

大根おろしと一緒にいただきます

特製の大根おろし&タレで巻いて食べました。説明するのもなんですけど、完全に美味いです。一生食べ続けたいと思うほど、ずっと噛んでいたかった。とは言え噛まずに溶ける感じの肉でしたけど。えへへ。

サトブリDA自慢のシャトーブリアンサンド

あ、これはシャトーブリアンのカツサンドです。シャトーブリアン…お肉の超高級部位って認識しかなく、正直なところテレビの「ゴチになります」でしか聞いたことのないお肉。まさかそれが食べられるとは。40歳にしてようやく出会うことができました。感動の瞬間です。

これまた説明するのもなんですけど、完全に美味いです。パンにもこだわりがあったのかもしれませんが、聞くのを忘れるほど美味かった。殴られるのを覚悟でとなりの人の分も食べようかと思ったほど。

サトブリDAのめちゃくちゃいい肉

最後はこれ、シャトーブリアンにウニをのせたやつです。もう説明とかいいですよね。ウニとお米もどこか高級なやつなんでしょうけど、お肉が鹿児島産ってことしか覚えてないです。記憶を溶かす美味さがそこにはあった。もしインタビューされるとしたら、そう答えるでしょうね、私は。

サトブリDFAのめちゃくちゃいい肉をウニと一緒に

他にも、キムチとか冷麺とかマンゴーシャーベットなどを堪能させていただきました。

思い切って行ってよかった高級焼肉

普通の焼肉店の数倍以上の値段がしましたが、マジで行ってよかったと思えるクオリティでした。年に何度も行けないかもですが、やはりたまにはこうやって自分を甘やかすことも必要ですね。財布のお金は減りましたけど、お腹は膨れたし、何より得難い経験ってもんをね、私は得た。

仕事をがんばっていい肉を食う。そんなお金の使いかたをしていこうと思う日々でございます。ごちそうさまでした。

「サトブリDA」

住所:東京都杉並区阿佐谷南3-57-1
電話番号:03-5356-8129
営業時間:17:00~23:30(23:00L.O.)

広告
予約の取りにくい高級焼肉店「サトブリDA」に誘われて2018夏
この記事が気に入ったらいいねしよう!
最新記事をお届けします。

フォローする