修善寺の手水舎(手と口を洗い清めるところ)は温泉でした!

スポンサーリンク

IMG_20170206_122717330_HDR-EFFECTS.jpg

お妻の影響で温泉が大好きになったゆうせいです。先日、伊豆の温泉に行ってきたのですが、立ち寄った修善寺の手水舎で驚きました。なんと、水ではなく温泉(お湯)だったのです。

手水舎(ちょうずや・ちょうずしゃ・てみずや・てみずしゃ)は、参拝者が身を浄めるために手水を使う施設のこと。水盤舎(すいばんしゃ)、御水屋(おみずや)とも呼ばれる。引用:手水舎 – Wikipedia

こちらが修善寺の手水舎です。一見すると水のようですが、これが温泉なのです。

IMG_20170206_122551362.jpg

龍の口から途切れること無く流れています。写真ではわかりにくいですが、湯気も出ていました。訪れた方のほとんどが「お湯だぁ〜!あったか〜い!」と言ってしまうほどの、ちょうどいい温度。ほっこり癒やされます。

IMG_20170206_122611010.jpg

手水舎には「桂谷霊泉 大師の湯」と書かれていました。源泉かけ流し、加水しておらず、飲むこともできる正真正銘の温泉とのことです。

IMG_20170206_122600350.jpg

私が訪れたのは2月で、風が強く寒い日だったので、この手水舎の温泉は本当にありがたかったです。

それではまた。ご存じ、ゆうせいでした。

福地山 修禅寺
静岡県伊豆修善寺の曹洞宗寺院、修禅寺の公式ホームページ。
スポンサーリンク
修善寺の手水舎(手と口を洗い清めるところ)は温泉でした!
この記事が気に入ったらいいねしよう!
最新記事をお届けします。

フォローする