WordPressで目次を自動作成してくれるプラグイン「Table of Contents Plus」が便利

スポンサーリンク

はてなブログからWordPressに移行して楽しんでいるライターのゆうせいです。はてなブログには見出しごとに自動で目次を作ってくれる機能がありました。WordPressには標準ではその機能がなく、プラグインを利用する必要がありました。

そこで今回は、WordPressで目次を自動作成してくれるプラグイン「Table of Contents Plus」をご紹介します。

見出しごとに自動で目次を作ってくれる

Table of Contents Plus
目次を自動で生成する、強力でユーザーフレンドリーなプラグインです。全てのページとカテゴリーリストを表示するサイトマップも出力することができます。

まずは上記のプラグインをインストールします。

プラグインを有効化して、設定から「TOC+」をクリックして設定画面に移動します。

設定画面では、

  • いくつ見出しがあるときに目次を作るか
  • 目次をどのように表示するか
  • どの見出しを目次に適用するか

などを選択します。

順番に見ていきます。

いくつ見出しがあるときに目次を作るか

このプラグインは見出しごとに目次を作ってくれるのですが、見出しが1つしかないときは目次はいらないですよね。なので、見出しがいくつ以上あるときだけ目次を作る、といった設定が必要です。

私の場合は見出しが5つ以上あるときだけ目次を作るようにしています。また、目次の位置はいちばん最初の見出しの上に表示されるようにしています。

目次をどのように表示するか

次に、目次の表示の仕方を設定します。

「目次」と表示させるのか、「menu」または「contents」など、自分の好みで設定しましょう。

また、目次に番号を付けるか、中見出しと小見出しがある場合は階層表示するかなど、細かい設定が可能です。

回り込みの設定、文字サイズ、色などもカスタマイズ可能です。

どの見出しを目次に適用するか

こちらは上級者向け設定の中にあるのですが、どの見出しを目次として適用するかを選択できます。

見出し2(h2)と見出し3(h3)だけを見出しとして適用して、見出し4(h4)は外すなどが設定できます。目次だらけだと見づらくなってしまいますので、ここの設定は重要です。

さいごに

長文記事や、マニュアル記事など、見出しが多くなる記事は、頭に目次を付けておくことで必要な箇所だけ読むことができるので便利です。

どこに何が書かれているのか一目瞭然となるので、読み手(ユーザー)に優しいブログになれますね。

ちょうどいい感じで設定して、ユーザービリティを向上させましょう。

それではまた。ご存じ、ゆうせいでした。

スポンサーリンク
WordPressで目次を自動作成してくれるプラグイン「Table of Contents Plus」が便利
この記事が気に入ったらいいねしよう!
最新記事をお届けします。

フォローする