iPhoneのTwitterアプリで「データセーブ」機能を使って通信量を節約する方法

広告

Twitterのデータセーブ機能を使って通信量を節約する

ども、ゆうせいです。iPhoneのTwitterアプリに「データセーブ」機能が追加されました。

ワンタップで設定可能なので、通信量を節約したい人におすすめです。

データセーブ機能の使い方

Twitterのデータセーブ機能の使い方

タイムラインの画面から左にスワイプすると、メニュー画面が表示されます。

メニューの下の方に「データセーブ」の項目があるので、それをONにすれば完了。

Twitterのデータセーブ機能をオンにする

具体的には、画像の読み込みで通信量を節約しています。つまり、写真付き投稿の画像は粗く表示されます。

速度制限になったときも活用したい

速度制限を受けたとき、タイムラインの読み込みが遅くなりますよね。そこでこのデータセーブ機能使うことで読み込みスピードを速くできると思われます。

あらかじめ設定しておいて、速度制限に備えるもよし。Twitter大好きな人にとっては素敵な機能ですね。

それではまた。ご存じ、ゆうせいでした。