無言でやってきたキャッチについて行った話を「Books & Apps」さんで書きました

スポンサーリンク

ども、ゆうせいです。

飲み屋街などに多い、いわゆるキャッチの方っていますよね。

正直、ネットでいくらでも情報が得られる今は、キャッチについていく理由がないわけです。

でも、ついて行ってしまったことがありまして…

その全貌を、マーケティング視点(と言えば聞こえがいいけれども)で書きました。

ぜひお読みください。

スポンサーリンク
NO IMAGE
この記事が気に入ったらいいねしよう!
最新記事をお届けします。

フォローする