「Xiaomi Mi Band 2」はスマートウォッチデビューするなら最高におすすめ

スポンサーリンク

ども、ゆうせいです。Apple Watchが気になるけどお値段がなぁ…と思っている方におすすめのスマートウォッチがあります。それは「Xiaomi Mi Band 2」です。

このスマートウォッチ「Xiaomi Mi Band 2」は、3000円程度の価格ながら充実の機能を備えています。さらにこの価格帯のスマートウォッチにしては珍しく技適マークを取得しています。中華スマートウォッチは数あれど、技適マーク取得の安心感は大きすぎます。バッテリーから発火なんて考えたくもないですからね。

「Xiaomi Mi Band 2」ができること、できないこと

「Xiaomi Mi Band 2」外箱表面

さて、Xiaomi Mi Band 2 ができることは大きく以下となります。

「Xiaomi Mi Band 2」ができること

  • 各種アプリからの通知機能
  • 活動量(カロリー、歩数計)、睡眠分析、心拍数の計測が可能
  • バッテリーが20日持つ

LINEやFacebookメッセンジャーなどの通知をアイコンで知らせてくれます。中身のテキストは表示されませんが、どうせスマホ本体で確認するわけで、問題ないかと。

「Xiaomi Mi Band 2」の通知

専用アプリのダウンロードして同期すれば、あとは20日に一回充電すればいい。

充電頻度が低いことはものすごく重要です。スマホと違って時計を充電する作業は思ったより手間です。スマートウォッチを使うとわかりますが、充電頻度が少ないことは本当にありがたいことなのです。

「Xiaomi Mi Band 2」ができないこと

  • 通知の履歴確認
  • 通知の中身確認
  • 音楽の管理

通知はアイコンのみの表示で、一定時間で消えてしまいます。これに気がつかないと残念なことになります。前述もしましたが、メッセージを確認することはできません。

また、音楽アプリには対応していないので、音楽を聞く場合はスマホ本体で操作することになります。

「Xiaomi Mi Band 2」開封の儀

箱の裏面。

「Xiaomi Mi Band 2」外箱裏面

本体。有機ELとタッチセンサーのみ。シンプルでコンパクトです。

「Xiaomi Mi Band 2」本体

付属のバンド。かなりしっかりしてます。

「Xiaomi Mi Band 2」のバンド

充電は専用ケーブルで行います。

「Xiaomi Mi Band 2」の付属品

「Xiaomi Mi Band 2」の専用充電ケーブル

信頼の技適マーク。他の中華スマートウォッチとは安心感が違います。

「Xiaomi Mi Band 2」の技適マーク

充電するときはこんな感じ。

「Xiaomi Mi Band 2」を充電しているところ

専用アプリの「Mi Fit」をダウンロードする必要があります。

「Xiaomi Mi Band 2」は割り切って使うには最高のスマートウォッチ

画面の指示にしたがってユーザー登録してください。

「Xiaomi Mi Band 2」は割り切って使うには最高のスマートウォッチ

「Xiaomi Mi Band 2」は割り切って使うには最高のスマートウォッチ

モーションとフィットネスのアクティビティのアクセスが求められるので許可します。むしろ許可しない理由がないです。

「Xiaomi Mi Band 2」は割り切って使うには最高のスマートウォッチ

自分のデータを入力。

「Xiaomi Mi Band 2」は割り切って使うには最高のスマートウォッチ

ペアリングするデバイス選択で、「バンド」を選択して登録します。

「Xiaomi Mi Band 2」は割り切って使うには最高のスマートウォッチ

例えば、睡眠分析の画面はこんな感じです。

睡眠分析の結果

手軽にスマートウォッチをはじめるなら「Xiaomi Mi Band 2」

安価なスマートウォッチは数あれど、技適マークを取得しているところ、Xiaomiという大きなメーカー品であることは安心できます。ちょっとスマートウォッチを使ってみたいな、という方におすすめです。

3000円程度なので、まずはお試しがてらスマートウォッチデビューしてみてはどうでしょうか?

それではまた。ご存じ、ゆうせいでした。

スポンサーリンク
「Xiaomi Mi Band 2」はスマートウォッチデビューするなら最高におすすめ
この記事が気に入ったらいいねしよう!
最新記事をお届けします。

フォローする